kaizencpaの知識シェア

海外投資者が海外でビジネスを展開しやすいために、香港、北京、上海、深セン、シンガポール、台湾、米国における会社設立手続き、税制等の方面に関する情報は、Kaizenは皆様とシェアしましょう。

kaizencpaの知識シェア イメージ画像

知的財産権

官庁: スペイン特許商標局(OEPM) 加盟した国際条約: パリ條約、マドリッド(標章)、マドプロ、商標法条約   権利付与の原則: 先願主義を採用していることで、スペインは《商標法》に基づいて登録商標に保護を与える。もし登録商標が許可なしに他人に使われたら

官庁: 英国知的財産局(UKIPO) 加盟した国際条約: パリ條約、マドプロ、商標法条約 権利付与の原則: 先願主義と先使用主義とが併存することをいう折衷主義を採用していることです。英国は《商標法》に基づいて登録商標及び未登録商標にも保護を付与する。だが、未登

欧州連合は《EC理事会規則第40/94号》に基づく商標の権利付与を所掌します。欧州連合で商標登録したら、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン等28国に保護を与えます。パリ条約の加盟国、TRIPSの加盟国、欧州共同体と相互承認の国または欧州連合加盟国で提出した商標は、最

パラグアイは「商標についての第1.294/1998号法」に基づく商標の権利付与を所掌し、パリ条約の加盟国です。権利付与の原則は先願主義を採用していることです。商標登録は、登録日から10年間有効であり、有効期限までに10年間更新することができます。   商標登録の流れ S

商標調査 登録出願を申請する前、同一又は類似している商標が他人に登録されるか、申請されるか確認するため、商標調査を行うことをお勧めします。拒絶されるリスクを最小化して、登録の成功率を向上させます。調査結果に基づいて、そのままで申請するか、変更又は調整をして

商標調査 登録出願を申請する前、同一又は類似している商標が他人に登録されるか、申請されるか確認するため、商標調査を行うことをお勧めします。拒絶されるリスクを最小化して、登録の成功率を向上させます。調査結果に基づいて、そのままで申請するか、変更又は調整をして

↑このページのトップヘ