kaizencpaの知識シェア

海外投資者が海外でビジネスを展開しやすいために、香港、北京、上海、深セン、シンガポール、台湾、米国における会社設立手続き、税制等の方面に関する情報は、Kaizenは皆様とシェアしましょう。

kaizencpaの知識シェア イメージ画像

知的財産権

法律意識の高まりとともに、ますます多くの人々がブランドを守るため、商標登録機関にブランドを商標として登録し、所有権の公式認証される商標登録書を取得します。   商標登録書を取得するには、通常、少なくとも以下の4つの手順を実行する必要があります。   1. 保

官庁: 韓国知的財産局(KIPO) 加盟した国際条約: パリ條約、商標法条約、マドプロ、商標法シンガポール条約   権利付与の原則: 先願主義を採用していることです。韓国は《商標法》に基づいて登録商標に保護を与える。もし登録商標が許可なしに他人に使われたら、

官庁: マカオ特別行政区知的財産庁   加盟した国際条約: なし   権利付与の原則: 先願主義を採用していることです。マカオは「工業所有権法」に基づく登録商標に保護を与える。もし登録商標が許可なしに他人に使われたら、商標権者は直接に商標侵害訴訟を起こす

官庁: ドイツ特許商標局(DPMA) 加盟した国際条約: パリ條約、マドリッド(標章)、マドプロ、商標法条約、商標法シンガポール条約   権利付与の原則: 先願主義を採用していることで、ドイツは《商標法》に基づいて登録商標及び未登録商標(商業名称)に保護を与

官庁: フランス国立産業財産庁(INPI)   加盟した国際条約: パリ條約、マドリッド(標章)、マドプロ、商標法条約、商標法シンガポール条約   権利付与の原則: 先願主義を採用していることで、フランスは《商標法》に基づいて登録商標に保護を与える。もし登録

官庁: インド特許意匠及び商標管理局(CGPDTM)   加盟した国際条約: パリ條約、マドプロ 権利付与の原則: 先願主義と先使用主義とが併存することをいう折衷主義を採用していることです。インドは「商標法」に基づいて登録商標に保護を与える。同時に「詐称通用」

↑このページのトップヘ