法律意識の高まりとともに、ますます多くの人々がブランドを守るため、商標登録機関にブランドを商標として登録し、所有権の公式認証される商標登録書を取得します。

 

商標登録書を取得するには、通常、少なくとも以下の4つの手順を実行する必要があります。

 

1. 保護されたい国地域で商標登録願書を提出すること

2. 商標審査官は方式審査と実体審査して、登録要件を満たしていないと考えること。

3. 拒絶されない場合、商標掲載公報に掲載されること。何人も登録異議の申立てをすることができる。

4. 異議申立されない場合、商標権は有効に存続されること。

 

地域に異なり、商標登録にかかる時間が違います。少なくとも平均1年かかります。時間が長いから、出願を提出する前に、商標の登録可能性について商標調査を行うことをお勧めします。こちらに出願者の参考のため、商標調査の重要性をお紹介させていただきます。

 

1.   拒絶されるリスクをを最小化できる:

商標審査官に拒絶理由通知が知らされたら、出願人は登録を放棄するか、又は意見書を提出して、審査官に意見を述べることができます。新しいブランドの出願人は商標の使用証拠が不足し、拒絶を克服することが困難だから、登録を放棄の傾向があります。使用と宣伝が行われている商標について、意見書を提出する費用が高いし、拒絶を克服する時間と成功率は不明だから、一部の出願人も放棄することを決定します。その結果として、出願費が無駄になります。

適切な商標調査は通常に潜在的な拒絶のリスクを推定できます。出願者が登録出願を提出するかどうかをより合理的に決定することに役立ちます。

 

2.   拒絶を克服する成功率を増やせる:

ビジネスの発展のため、商標調査に拒絶されるリスクを示しても、出願者は使用と宣伝が行われている商標の出願を提出することを好みます。但し、拒絶を対応するために、使用証拠を予め集まったり、意見書も予め準備したりできます。又は、先行商標の所有者に連絡して、前もって同意書を取得することもできます。ちなみに、中国では拒絶理由通知を受けてから15日以内に意見書を提出しなければなりません。そのような限られた時間に適切な意見書を起草することは困難です。

 

3.   デザインコストを節約できる:

卓越に設計された商標は、商品役務の発展に役立つことを思われます。多くの方々は商標をよくデザインしたいと思いたいから、凄く高いプロのデザイナーを雇います。しかし、ブランドの名前の登録可能性を前もって考えていません。もし商標が拒絶されたら、出願費だけじゃなくて、デザインコストも無駄になります。だから、新しいブレンドの名前を商標調査を予め行うことをお勧めします。登録可能性を確認してから、ブランドの名前(文字商標)の出願を提出して、ロゴ商標をちゃんと設計します。最後に設計されたロゴ商標の出願を提出することをお勧めします。

 

4.   他人に侵害するリスクを減らせる:

ビジネスの発展のため、多くの方々は商標を設計された次第又は商標出願を提出された次第、すぐ使用します。他人の商標権を侵害するリスク機会があります。商標調査を行ったら、同一又は類似している商標を探せます。他人に侵害するリスクを減らせます。

 

概括すれば、商標調査のメリットは明らかです。しかし、公式データーの不完全性と商標局の定刻に更新しないかもしれないので、商標調査の結果は100パーセント保証ではないが、Kaizenのようなプロの代理が行う商標調査は確かに拒絶されるリスクを減らせて、最小化できます。

 

 

もっと詳細な情報や支援をご希望の場合は、下記のお問い合わせをご利用になってください。

メール:info@kaizencpa.com

固定電話: +852 2341 1444  

携帯電話: +852 5616 4140+86 152 1943 4614

ラインWhatsAppWechat +852 5616 4140

公式ウェブサイト:www.kaizencpa.com

Skype: kaizencpa
人気ブログランキング:


特許・知的財産ランキング