kaizencpaの知識シェア

海外投資者が海外でビジネスを展開しやすいために、香港、北京、上海、深セン、シンガポール、台湾、米国における会社設立手続き、税制等の方面に関する情報は、Kaizenは皆様とシェアしましょう。

kaizencpaの知識シェア イメージ画像

ビザと移民

シンガポールにおける管理職または専門職を就く外国人は、シンガポールに仕事を始まる前に、雇用許可書(Employment Pass, “EP”)を得られなければなりません。EPを申請するため、申請者はいくつの限定要素を満たすことが必要であります。    EP申請の資格要件  シンガ

2020年9月23日に、中華人民共和国外交部、国家移民管理局は「有効な三種類の居留許可を有する外国人の入境を許可することに関する公告」を発表しました。公告の内容は以下の通りです。   1、2020年9月28日0時から、中国の商務(工作)、私人事務及び家族訪問(団聚)の有

台湾会社設立の所要時間について、株主が自然人であり且つ本人が自ら台湾に出向き代理人授権書の認証手続きを行いましたら、最短1ヶ月間以内に完了できます。個人居留証の申請から取得まで約1ヶ月かかります。全ての手続きが完了までに2ヶ月ほどかかります。   台湾会社設

シンガポールは世界中で最も法人税率が低い国の一つだけではなく、ASEAN市場開拓のカギだと言われています。シンガポールにはビジネスに有利な政策が多いおかげで、企業は迅速かつ安定的に事業を経営することができます。   シンガポール政府が提供している数多くのビジネ

↑このページのトップヘ