kaizencpaの知識シェア

海外投資者が海外でビジネスを展開しやすいために、香港、北京、上海、深セン、シンガポール、台湾、米国における会社設立手続き、税制等の方面に関する情報は、Kaizenは皆様とシェアしましょう。

kaizencpaの知識シェア イメージ画像

税制

香港はアジアの国際化都市であり、国際貿易を行う重要な港です。香港は、良い法律基礎があり、法治の精神が厳格であり、司法が厳しく公正であり、世界に信頼されています。   香港が国際商業、貿易及び金融の中心地になる原因は、前記の主たる原因を除いて、香港の海陸空

シンガポール株式譲渡の印紙税をご説明させていただきます。   1. 印紙税の税率 シンガポール会社株式譲渡時に、譲受人又は譲渡双方の指定した方がその譲渡価額と対象会社の純資産価額(Net Asset value)のうちいずれか高い額の0.2%によって印紙税を納めなければなり

一般的に、香港税務局は各課税年度に税務申告書を個人、個人事業主、パートナーシップ、香港において設立された有限会社、不動産所有者、及び香港において商業活動を行っているその他の設立地における法人(非香港会社、外国会社の香港支社)に発行します。個人及び法人は、

ベトナムにおいて設立される外資系独資会社が下記の税金を納税する義務を負います。   法人所得税(CIT)   2016年1月1日から、ベトナムの法人所得税率は22%から20%に引き下げられました。但し、石油またはガスなどの天然資源分野に従事している企業には32%~50%の

経済発展を促進するために、香港特別行政区政府は中小企業を支援し、及び「民に富む」という理念を推進します。毎年財政予算中で当年の財政黒字額に基づきその一部分を企業及び個人の税金減免支出に充てることは提案されて、且つ当該減免措置も立法議会に可決されていました

  今日は、香港利得税の税制を了解しましょう!   1. 香港の税制   香港は源泉地主義を採用し、即ち香港を源泉とする所得にしか課税されなく、香港以外の地方を源泉とする所得に課税されません。当該税制は簡単且つ低税率です。   香港税務局は香港本土で行う事

↑このページのトップヘ