kaizencpaの知識シェア

海外投資者が海外でビジネスを展開しやすいために、香港、北京、上海、深セン、シンガポール、台湾、米国における会社設立手続き、税制等の方面に関する情報は、Kaizenは皆様とシェアしましょう。

kaizencpaの知識シェア イメージ画像

税制

一般的に、免税組織は、連邦税を納付する必要がなくても内国歳入庁(IRS)に年間納税申告書(フォーム990)を提出しなければなりません。   フォーム990とは、内国歳入法第501条(A)項の下で所得税の免除を受けているほとんどの組織、特定の政治組織及び非免除慈善信託機

米国では、内国歳入庁(IRS)は税金を便利に徴収するためには、個人が連邦及び州の個人所得税の確定申告書を提出する際に相応した納税者番号を提供することを要求しています。なお、米国内で事業用口座または個人用口座を開設する場合にも、個人の納税者番号が必要となります

シンガポール政府は、創業を支援するために、新規会社が特別な優遇税制を享受できると発表しました。   1. シンガポールの法人税率   シンガポールの現行の法人税率は17%です。その税率は居住法人にも非居住法人にも適用されます。優遇税制が適用される場合、法人税率

1.   印紙税を納付すべき書類   「印紙税条例」(香港法例第117章)により、印紙税の主な課税文書は以下の通りです。 (1)    不動産譲渡契約書 (2)    不動産売買契約書 (3)    不動産賃貸借契約書 (4)    株式譲渡契約書   2.   印紙を貼

外商投資企業とは、中国の法律に基づいて中国国内において設立する中国投資者及び外国投資者の共同出資企業、又は外資系独資企業を指します。具体的には以下の通りです。 (1)  中外合資経営企業:企業が有限責任会社の形で設立され、合弁事業とも呼ばれます。 (2) 

↑このページのトップヘ