kaizencpaの知識シェア

海外投資者が海外でビジネスを展開しやすいために、香港、北京、上海、深セン、シンガポール、台湾、米国における会社設立手続き、税制等の方面に関する情報は、Kaizenは皆様とシェアしましょう。

kaizencpaの知識シェア イメージ画像

2020年11月

シンガポール株式譲渡の印紙税をご説明させていただきます。   1. 印紙税の税率 シンガポール会社株式譲渡時に、譲受人又は譲渡双方の指定した方がその譲渡価額と対象会社の純資産価額(Net Asset value)のうちいずれか高い額の0.2%によって印紙税を納めなければなり

中国北京で外資系独資飲食会社を設立するには必要な書類は以下通りです。   1.  会社名称・商号の決定 会社名称は、商号+行政区画+業界特徴+有限会社で構成されます。例えば、啓源(北京)飲食管理有限会社、啓源飲食管理(北京)有限会社または北京啓源飲食管理有限会

一般的に、輸出入貿易に従事する有限責任会社を中国上海において設立する時間は約6~8週間です。   必要な書類   1 会社名(商号)の決定 会社名称は、行政区画+商号+業界特徴+有限会社で構成されます。例えば、上海○○貿易有限会社、又は○○貿易(上海)有限会社

前の会社法の第291AA条(previous Company Ordinance, Cap. 32) 或いは現会社法の第750条 (Companies Ordinance, Cap. 622) の下で会社登記を抹消され解散された会社はみなし自発的に会社登記を抹消され、現会社法の第765条により会社の株主または取締役または会社登記抹消の

香港株式会社の株主は自分の株式を他の株主に、あるいは第三者に譲渡する際に、両方は株式譲渡の書類をサインして、税務局に提出しなければなりません。同時に、会社の資産または譲渡価格を基づいて、印紙税を計算し、税務局に支払います。その後、新しい株券を発行して、新

香港会社の減資時に、会社定款、直近の年次報告書、資本金の減少額、及び会社の最新会計簿記を準備する必要があります。一般的に、減資手続きは約6~8週間かかります。 会社減資の手続き 1、定款に減資に対する制限点があるかどうかを確認する。 2、株主数が定足数以上

↑このページのトップヘ