シンガポールにおける管理職または専門職を就く外国人は、シンガポールに仕事を始まる前に、雇用許可書(Employment Pass, “EP”)を得られなければなりません。EPを申請するため、申請者はいくつの限定要素を満たすことが必要であります。 

 

EP申請の資格要件 

シンガポール人材開発省(Ministry of Manpower (MOM))は下記の要因を基づいて、申請者の申請資格要件を判定します。就労ビザの適任者を判定される一つの重要な要件は、基本固定月給3,600シンガポールドル以上があることうえに、次の1つまたはそれ以上を持っています: 

(1) 
受け入れ可能な学歴 (例:ディプロマもしくは学士)
(2) 
専門職業資格 
(3) 
専門的なスキル 
(4) 
関連な就労経験 

しかしながら、ディプロマまたは学士等学歴がなくて、長年にわたる就労経験及び他のメリットの要因を持っている申請者のEP 申請をMOM が承認されるなど除外例もあります。その上、一般に認められている学歴があっても、必ずEP 申請を承認されるということではありません。 

 

EP申請に必要な書類

1)パスポートに個人の情報が記載されているページのコピー

2)外国人を雇用する企業の最後のビズネスプロファイルもしくはシンガポール会計企業規制庁 (ACRA) に登録済んだ即時情報

3適用すれば、在職証明書(Working testimonial) 及び職歴 (resume/ CV)

 

上記の書類は英語で書かれていない場合、英訳のコピー及びその正本が必要です。書類の翻訳は信頼できる(あるいは認められている)翻訳サービス提供者、公証人、申請者が在住している場所の大使館または総領事館により作成できます。

 

EP申請の手続き 

1申請から発給まで約2週間営業日がかかります。

2)申請は初回評価で却下されるならば、MOMに不服申立てを提出する上に、MOM により追加情報(例:業務計画書、証明書、採用レター/雇用契約書など)を提出します。一般的に、上訴期間は約6週間がかかります。

3承認を得た上に、申請者は承認日から6ヶ月以内にシンガポールへ行ってワークパスを受け取れます。

 

求人広告の掲載要件

シンガポール政府はEP申請のスポンサー企業が、EP申込書を提出する前に、シンガポールの無料求人情報ウェブサイト(Job Bank)に求人広告を14日間以上掲載することを要求しています。その目的は、求人広告の職務に対して興味が持っているシンガポール人及びシンガポール永住権保持者は、職務の情報をアクセスできることを確保するためです。求人広告は三者協議会(Tripartite: 使用者代表者、労働者代表者、MOMの三者協議会)が発行するガイドラインを遵守しなければならないし、ネットで14日間以上掲載しなければなりません。 

 

以下の場合を満たすなら、Job Bank への求人広告掲載を免除されます。 

1EP申請のスポンサー企業の従業員総数が25人以下の場合 
2EP申請者の基本固定月給が12,000シンガポールドル以上である場合 

 

EPの更新 

EPの更新はもっと容易かつ迅速です。かつ、失効日前6ヶ月間以内にいつでもEPを更新できます。更新は約7営業日がかかる、もし承認されたら、EP申請者はさらに3年間の就労許可を与えられます。新しいEP申請と同じく、EPの更新は、雇用主(スポンサー企業)または授権された第三者が代行できます。

 

永住権 (PR)

EP保持者はPTS スキーム (Professional, Technical Personnel & Skilled Workers Scheme) を通じてシンガポール永住権を申請する資格があります。ただし、6ヶ月間の給与証明書を提出できるように、EPを取得した6ヶ月以後、永住権申請を提出するのが賢明です。

 

 

もっと詳細な情報や支援をご希望の場合は、下記のお問い合わせをご利用になってください。

メール:info@kaizencpa.com

固定電話: +852 2341 1444  

携帯電話: +852 5616 4140+86 152 1943 4614

ラインWhatsAppWechat +852 5616 4140

公式ウェブサイト:https://www.kaizencpa.com/jp/

Skype: kaizencpa
人気ブログランキング:


人事・労務ランキング