香港会社条例に基づき設立された全ての香港私的(非公開)有限会社は会社秘書役を1名選任しなければなりません。会社秘書役は会社が会社条例に従い順調に運営されることを確保するために、様々な法定書類を適切に作成、登記、保管する役割を担います。

 

また、香港会社条例第92条(1)に基づき、香港に設立された全ての会社は本社所在地としての登録住所が必要です。登録住所は会社の各法定記録帳(法定名簿)を保存し、且つ政府・銀行によるレター・文書を受け取る住所です。郵便私書箱は会社の登録住所として登録されることができません。

 

会社秘書役

香港会社条例に基づき、秘書役は以下のいずれかの要件を満たさなければなりません。

1) 18歳以上の香港居住者

2) 香港に設立された会社

3) 香港以外の国・地域に設立された会社ですが、香港に事務所がある

 

登録住所

香港会社条例第92条(1)に基づき、香港に設立された全ての会社は登録住所を有しなければなりません。登録住所は会社の各法定記録帳(法定名簿)を保存し、且つ政府・銀行によるレター・文書を受け取る住所です。登録住所は郵便私書箱ではなく、物理的な住所でなければなりません。

 

 

もっと詳細な情報や支援をご希望の場合は、下記のお問い合わせをご利用になってください。

メール:info@kaizencpa.com

固定電話: +852 2341 1444  

携帯電話: +852 5616 4140+86 152 1943 4614

ラインWhatsAppWechat +852 5616 4140

公式ウェブサイト:https://www.kaizencpa.com/jp/

Skype: kaizencpa
人気ブログランキング:


海外進出ランキング