一般的に、外国会社の中国北京駐在員事務所の首席代表変更登記の全ての手続きを完了する時間は、約34週間です。

 

北京駐在員事務所の首席代表を変更する手続きは以下の通りです。

1) 変更登記書類一式の作成

2) 登記証及び代表証の変更申請

3) 新任首席代表印の作成

4) 税務登記の変更

5) 銀行基本口座登記情報の変更 

 

必要書類

 

外国会社の北京駐在員事務所の首席代表変更登記手続きに以下の書類が必要です。

1) 認証済の外国会社署名権者が署名した首席代表の委任状及び解任状、及び首席代表の身分証明書類

2) 新任首席代表の履歴書

3) 新任首席代表の証明写真3枚(パスポート規格、背景白)

4) 外事サービス機構が発行した派遣レター(新任首席代表は中国人の場合)

5) 駐在員事務所の登記証と代表証の原本

6) 銀行口座開設許可証

7) 機構信用コード証の原本 

8) 北京駐在員事務所の公印

9) 登記機関が臨時に要求するその他の書類と情報

 

備考:銀行における変更登記を行う際に、首席代表の身分証明書類の原本が銀行に照合される必要がありますが、一部の銀行は首席代表が自ら銀行に出向き変更登記を行うことを要求する可能性があります。具体的には口座開設の銀行の規定に準じます。

 

もっと詳細な情報や支援をご希望の場合は、下記のお問い合わせをご利用になってください。

メール:info@kaizencpa.com

固定電話: +852 2341 1444  

携帯電話: +852 5616 4140+86 152 1943 4614

ラインWhatsAppWechat +852 5616 4140

公式ウェブサイト:https://www.kaizencpa.com/jp/

Skype: kaizencpa
人気ブログランキング:


中国ビジネスランキング