啓源会計事務所の知識シェア

海外投資者が海外でビジネスを展開しやすいために、香港、北京、上海、深セン、シンガポール、台湾、米国における会社設立手続き、税制等の方面に関する情報は、Kaizenは皆様とシェアしましょう。

啓源会計事務所の知識シェア イメージ画像

更新情報

4.    MDステータスのメリット   MDステータスを持っている企業は下記の内容をアクセスまたは申請することができます。   (1)    外国人知識労働者の受け入れ枠と就職ビザ。 (2)    税制上の優遇措置(所得税の免除又は投資税の控除)。 (3)    マルチメディ
『マレーシアデジタル(MD)・ステータスについて(二)』の画像

1996 年以来、マルチメディア・スーパー・コリドー (MSC)により、マレーシアは意識型経済に転身しハイレベルインフラ整備が備えて情報・通信科学技術主導企業が成長しやすい環境を整えようとしています。マルチメディア・デジタル経済公社(MDEC)の後押しにより、マルチメデ
『マレーシアデジタル(MD)・ステータスについて(一)』の画像

3.    FBAR/FATCA に報告する可能性   3.1     外国金融口座報告書(FBAR)   仮想通貨の使用の広がりに伴い、それをForm 114の報告義務に入れると金融犯罪捜査網(FinCEN)に規定されたことについて議論がまだ続いています。   FinCENは2020年12月に仮想
『ビットコイン及び仮想通貨に関する連邦税徴収(二)』の画像

IRS は、2014年に2014-21号通知を発表し、 暗号通貨の取引が課税対象とされていることについて明確的に説明しました。仮想通貨が多くの納税者にとっては資本資産とみなされている為、仮想通貨に関する取引は資産取引と同じく一般的税金徴収原則を適用します。   1.   
『ビットコイン及び仮想通貨に関する連邦税徴収(一)』の画像

中国国家市場監督管理総局により、公式ウェブサイトで最新版の【企業名称管理規定の実施方法】が発表されました。改定された実施方法は、2023 年 10 月 1 日より施行されます。改定版の主な変更点は次のようにまとめました。   1.     企業名称は行政区画名を含まなく
『中国政府が企業名称登記管理規定の実施方法を改定しました』の画像

4.    実質的支配者の基準   実質的支配者とは、次の一つ又は複数の基準を満たしている自然人となります。 (1)    直接又は間接に会社の株式の20%以上の利害関係を有すること。 (2)    直接又は間接に会社の議決権の20%以上を保有すること。 (3)  
『マレーシア会社の実質的支配権報告(二)』の画像

特に明記しない限り、本稿に述べられる「マレーシア会社」とは、マレーシアの「Companies Act 2016 (CA 2016).」に基づき設立される非公開株式会社をいいます。   21世紀初頭以来、テロ資金供与及びマネーロンダリングが世界中では大きな注目を集めています。犯罪者は、さ
『マレーシア会社の実質的支配権報告(一)』の画像

↑このページのトップヘ